月刊「福音宣教」 2010年 バックナンバー (著者・記事一覧)
1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8・9月号 10月号 11月号  12月号

オリエンス宗教研究所へご注文   

●2010年 1月号
 特集:いま、宣教について考える T
◆[年頭言]新たな気持ちで福音を/ムケンゲシャイ・マタタ
◆[新年特別企画]オリエンス宗教研究所創立50年祭
  感謝と祈りの集い・説教/岡田武夫
  シンポジウム:宣教共同体の育成をめざして/佐々木博
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉@〈温かい教会〉
  人が優しく生きられる教会/矢吹貞人
  一人ひとりを大切にしたイエス/マヌエル・アモロス
生活の中に福音がひびく
◆祈る――神の愛に包まれる時/山内十束
連 載
◆[新連載]祈りを息吹く詩編@詩編と祈り/橋重幸
◆[新連載]闇の中に輝く福音@日本の教会――消滅の危機に直面/英驤齪N
◆[新連載]障がいとともに生きる人――私の出会った人たち@
  筋ジス患者の足になる会/中原えみ子
◆[新連載]派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞く@
 ともに生きることへの招き/漆原比呂志
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景K教会は世の救いのしるしに/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神K敵対者との論争/岩島忠彦
◆この一冊
◆2009年総目次
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 2月号
 特集:いま、宣教について考える U
◆[巻頭言]愛と自立/鈴木
◆[新年特別企画]オリエンス宗教研究所創立50年祭
  シンポジウム:イエスは御父のメディア/長谷川昌子
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉A〈子どもとメディア〉
  心の声に耳を傾けて/森真弓
  人間関係に悩む息子たちに/柴田幸範
フォーラム
◆『発達障害者支援法』の問題点――『レールム・ノヴァルム』の視点から/立木正久
生活の中に福音がひびく
◆いのちの源からの息を受けて/小野恭世
連 載
◆祈りを息吹く詩編A祈りを導くよい牧者/橋重幸
◆闇の中に輝く福音A経済不況のただ中にて/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちA教皇ヨハネ・パウロ2世/中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くA愛することへの挑戦/漆原比呂志・浅野美幸
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景L「虫けら」でない/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神Lイエスの個人史、そして運命/岩島忠彦
◆この一冊/田畑邦治
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 3月号
 特集:いま、宣教について考える V
◆[巻頭言]例年主義と横並び主義/鈴木
◆[新年特別企画]オリエンス宗教研究所創立50年祭
  シンポジウム:生きている人間に仕える教育/田畑邦治
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉B〈子どもと教育〉
  子に託す夢が膨らみすぎて/編集部 
  作られた家庭像に踊る母と子/鈴木
 フォーラム
◆コロンバヌス、どこへゆく――西方キリスト教を蘇生させた男の話@/伊藤淳
◆歌に祈りを響かせて――作曲者にきくJ 「たて琴をかなで」の町田治さん/黒川京子
生活の中に福音がひびく
◆気づく恵みをいただく時/横山良子
連 載
◆祈りを息吹く詩編B羊と衣食住/橋重幸
◆闇の中に輝く福音B司祭の性的不祥事に向き合う/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちBあかね会 その1/中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くBいのちの見つめ方/漆原比呂志・渡邉怜子
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景M手のひらは語る/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神M主の晩餐/岩島忠彦
◆読者のおたより
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 4月号 〔品切れ〕
 特集:心を育てる
◆[巻頭言]魂のリセット/鈴木
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉C〈イエスを伝える学校〉
   カトリック学校で育てられて/星野匡邦 
   希望に満ちた人生の道を/鈴木
   わかつこと、一つであること/西経一
フォーラム
◆私解・ヨハネ福音書(続)――愛は「掟」であり得るか/佐久間彪
◆コロンバヌス、どこへゆく――西方キリスト教を蘇生させた男の話A/伊藤淳
生活の中に福音がひびく
◆祈りの中で主に出会う/多田めぐみ
連 載
◆祈りを息吹く詩編C良い牧者イエス/橋重幸
◆闇の中に輝く福音C若者に希望はあるか/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちCあかね会 その2/中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くC信仰を分かち合って生きる
                                    /漆原比呂志・松本和歌子
◆イエスが父と呼んだ神Nイエスの受難/岩島忠彦
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景N教会用語の混乱/森山勝文
◆この一冊/坂本耕太郎
◆読者のおたより・つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 5月号
 特集: 愛の共同体としての教会
◆[巻頭言]病気のときも/鈴木
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉D〈結婚という召命〉
   導かれて夫婦に/木村暢男・木村薫子 
   婚姻の秘跡に支えられて/郡山健次郎
   神の呼びかけに二人で応える/土屋至
フォーラム
◆コロンバヌス、どこへゆく――西方キリスト教を蘇生させた男の話B/伊藤淳
生活の中に福音がひびく
◆過越の体験から新たないのちへ/高橋純雄
連 載
◆祈りを息吹く詩編Dわたしには何も欠けることがない/橋重幸
◆闇の中に輝く福音Dファシズムの兆しを前にして/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちDあかね会 その3/中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くD貧しさとゆるしの中で
                                      /漆原比呂志・高橋真也
◆イエスが父と呼んだ神O復活の主との出会い/岩島忠彦
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景O観想修道院と拘置所/森山勝文
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 6月号 〔品切れ〕
 特集:召命を支える
◆[巻頭言]派遣とたこ揚げ/鈴木
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉E〈召し出しに応える人の輪〉
  司祭を子にもつ親の思い/編集部 
  召命についての私見/古里慶史郎
  共同体で祈り支える/鈴木
フォーラム
◆歌に祈りを響かせて――作曲者にきくK「大きな愛に」の谷崎新一郎師/黒川京子
◆諸宗教との出会いと対話 前編/ムケンゲシャイ・マタタ
生活の中に福音がひびく
◆帰郷した放蕩息子のその後/風戸喜美子
連 載
◆祈りを息吹く詩編E乏しさの中の豊かさ/橋重幸
◆闇の中に輝く福音E司祭と信徒/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちEあかね会 その4/中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くE人間の力を信じる/漆原比呂志・佐藤邦子
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景P司祭館とは/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神Pパウロとヨハネ/岩島忠彦
◆この一冊
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 7月号 〔品切れ〕
 特集:満ちあふれる豊かさ
◆[巻頭言]「老い」に関する二人の名文から/田畑邦治
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉F〈シニアの霊性〉
   夫婦の旅を続けて/吉田洋二・吉田陽子 
   二人の母を見送って/宮坂研一
   老いは恵みと愛の顕現/松井紀直
フォーラム
◆犬も天国に行くの?――万物は神から出て、神へ帰って行く/佐久間彪
◆諸宗教との出会いと対話 後編/ムケンゲシャイ・マタタ
生活の中に福音がひびく
◆み手に委ねる「覚悟」/松野一男
連 載
◆祈りを息吹く詩編F主はわたしを青草の原へ/橋重幸
◆闇の中に輝く福音F恨みと復讐の世界/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちFジュリアン・スロイテル師/中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くF隣人であるために/漆原比呂志・近藤西紀
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景Qミサ中の説教さえなければ/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神Q信仰の歴史が始まる/岩島忠彦
◆この一冊/山田千鶴
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 8・9月号 〔品切れ〕
 特集:追悼・白柳誠一枢機卿
◆[巻頭言]からだの復活と永遠のいのち/鈴木
==白柳誠一枢機卿を偲んで==
◆座談・白柳誠一枢機卿の思い出
     稲川保明/篠崎翠/深水正勝/ジャン・ワレ
◆枢機卿さまの温かな人柄を偲ぶ/森一弘
◆宗教対話を体現した指導者/杉谷義純
◆最晩年の枢機卿/五十嵐秀和
◆この小さな私にも/三田幸路
◆信徒に働く聖霊の声に傾聴されて/中村友太郎
フォーラム
◆マザー・テレサ――ほほ笑みの宣教者/片柳弘史
生活の中に福音がひびく
◆十字架上のイエスに出会って/岩田千代子
◆封じ込めていた苦しみも捨てた時/堤澄香
連 載
◆祈りを息吹く詩編G憩いの水のほとりへ/橋重幸
◆闇の中に輝く福音Gカトリック学校の未来/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちG障害者連絡協議会の発足 その1
                                                  /中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くG創造的に生きる/漆原比呂志・小林由加
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景R三割原則をご存知ですか/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神R神の子信仰のゆくえ/岩島忠彦
◆この一冊
◆読者のおたより
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 10月号 〔品切れ〕
 特集:続・召命を支える
◆[巻頭言]生老病死/鈴木
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉G
 〈司祭・修道者の老後〉
  兄弟として/湯澤民夫
  老司祭も住む教会/石川千明・大沼美智子
  兄弟を看取る/曽根忠明
フォーラム
◆老宣教師の備忘録・前編/ジョルジュ・ネラン
◆ストレス社会と日本の教会・上/荒川博行
生活の中に福音がひびく
◆祈って描く、描いて祈る/原田陽子
連 載
◆祈りを息吹く詩編H魂を生き返らせてくださる/橋重幸
◆闇の中に輝く福音H排除から連帯する社会へ/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちH障害者連絡協議会の発足 その2
                                                 /中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くH寄り添い、ともに歩む/漆原比呂志・濱田麻里
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景S幼児洗礼と老人洗礼/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神S三位一体の神に生かされて/岩島忠彦
◆この一冊/田島かなめ
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 11月号
 特集:土に返るとき
◆[巻頭言]亡骸は大地に/鈴木
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉H
 〈神からのいのちの先に〉
   変わるお墓、変わらない心/小谷みどり
   当世教会墓地事情/編集部
   最後の感謝の献げもの/矢吹貞人
フォーラム
◆老宣教師の備忘録・後編/ジョルジュ・ネラン
◆ストレス社会と日本の教会・中/荒川博行
生活の中に福音がひびく
◆「命」に導かれて/寿田英洋
連 載
◆祈りを息吹く詩編I主は伴い、導かれる/橋重幸
◆闇の中に輝く福音I孤立する社会の中で/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たちIオリーブの会の仲間たち/中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞くIすべては恵みのうちに/漆原比呂志・林愛子
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景(21)仲間を葬る/森山勝文
◆イエスが父と呼んだ神(21)戦う神学の歴史/岩島忠彦
◆この一冊
◆つうしん
↑このページのトップへ


●2010年 12月号
 特集:生まれ出るいのち
◆[巻頭言]45度で聖なる空間へ/鈴木
◆ドキュメント・光がさすとき〈家庭編〉I
 〈現代のインマヌエル〉
   わが子とともに歩む道/大黒千尋
   不妊症治療の現場から/中田英之
   生まれてくれて、ありがとう!/アントニウス・ハルノコー
フォーラム
◆歌に祈りを響かせて――作曲者に聞くL「恐れないで」の前田智晶さん/黒川京子
◆ストレス社会と日本の教会・下/荒川博行
生活の中に福音がひびく
◆悔い改めにふさわしい実/水谷安江
連 載
◆祈りを息吹く詩編J主は正しい道に導かれる/橋重幸
◆闇の中に輝く福音(最終回)ビジョンなき民は滅びる/英驤齪N
◆障がいとともに生きる人――私の出会った人たち(最終回)アジアの障害をもつ仲間たち
                                              /中原えみ子
◆派遣の地で祈り願ったこと――信徒宣教者に聞く(最終回)ミッションはすべての人に
                                           /漆原比呂志・辻明美
◆イエスが父と呼んだ神(最終回)永遠のいのちを信じます/岩島忠彦
◆司祭館の日向ぼっこ――教会の「現」風景(最終回)聖堂のありよう/森山勝文
◆つうしん

↑このページのトップへ

オリエンス宗教研究所へご注文