福音宣教 表紙イメージ
(A5判・72ページ)
キリストを伝えるカトリック月刊誌
福音宣教
2014年 年間テーマ
希望―「見たことを告げなさい」
信仰を養うためのヒントを分かち合い、
社会を福音の価値観から見つめ直すための
特集・連載記事をお届けします。

特集(1月〜12月))

女川湾に昇る朝日(宮城県牡鹿郡女川町)
希望への物語

東日本大震災をはじめ、多くの課題が山積する現代社会の中で、希望の光を見出そうと力を尽している人たち。彼らの心の中に働きかける神の望みを見出していくドキュメントです。
女川湾に昇る朝日(宮城県牡鹿郡女川町)

新連載

稲川保明 宣教と司牧の十字路にて
――ある主任司祭の航跡


稲川保明
(東京教区司祭)

司祭生活33年。小教区の活動や実態を見つめ直す日々の考察を、宣教に力を注ぐ読者と分かち合います。
足立洋子
食卓からのおもてなし

――祈りをこめて


足立洋子
(料理講師)

神から招かれている「温かい食卓」をみんなに届けたい……。愛情と祈りを込めたもてなしの心を伝えます。
吉川康夫
私の発達障害と信仰

吉川康夫
(発達障害児療育センターしらゆりセンター長)

発達障害の一つ、ADHD(注意欠陥多動性障害)をもった著者が、自身の体験を踏まえてつづります。
給食を楽しむチャドの子どもたち
私に託された小さな「使命」


リレー連載


海外に派遣されている多くの日本人宣教者。彼らが感じた喜びや希望を、現地での様子とともに紹介します。
給食を楽しむ
チャドの子どもたち

継続連載

中川博道 存在の根を探して
●キリスト教の基本を探る

中川博道
(カルメル修道会司祭)

自らの内面を深めることで、恵みによって生かされていることに気づいていく、その歩みを誌上で試みます。
和田幹男
みことばが互いに響き合って

●ことばの典礼を生活に生かすために

和田幹男
(大阪教区司祭)

ミサの朗読箇所のつながりから見えてくることを、日々の暮らしに即して考えるための切り口を紹介します。
武田なほみ
人をつなぐ神の知恵


武田なほみ
(上智大学准教授)

人が成長し、次の世代にバトンを渡していく過程で直面する課題を、信仰という視点から捉え直します。



田中玉紅作「慈」(部分)
筆に祈りを託して
(不定期連載)

絵画を通して表現される作家の思いや、作品についてのエピソードを紹介するインタビュー記事です。
田中玉紅作「慈」(部分)

                                          『福音宣教』トップにかえる

月刊・毎月15日発行 年間11回(8.9月合併号)
1部定価:本体500円+税 送料別
年間購読料(税・送料込)
国内6300円、海外船便6800円
航空便第1地帯(アジア)8100円
航空便第2地帯(欧州・北米)8800円
航空便第3地帯(アフリカ・南米)9600円
下の「お申し込みフォーム」よりお申し込みいただけます。お申し込み受け付け後、オリエンスから請求書と払込票をお送りします。購読料は、この払込票にて郵便局でお振り込みください。郵便局の代金引換サービス(別途、手数料390円がかかります)も承ります。


オリエンス宗教研究所へご注文    クレジットカード・コンビニ払い  

はがきや電話、FAXでのご注文も承っております。
定期購読のほか、特定号のみのご購入も承ります。

tel : 03-3322-7601 fax : 03-3325-5322