『福音宣教』5月号
A5判 72ページ
ISSN0910-7118
『福音宣教』次号予告
2017年6月号予告は4月末です。
キリストを伝えるカトリック月刊誌
福音宣教
2017年 年間テーマ
みことばを生きる
信仰を養うためのヒントを分かち合い、
社会を福音の価値観から見つめ直すための
特集・連載記事をお届けします。
福音宣教 2017年のご案内
月刊・毎月15日発行 年間11回(8.9月合併号)
1部定価:本体500円+税 送料別
年間購読料(税・送料込)
国内6300円、海外船便6800円

航空便第1地帯(アジア)8100円
航空便第2地帯(欧州・北米)8800円
航空便第3地帯(アフリカ・南米)9600円


(皆さまのご意見ご感想をお寄せください)
  オリエンス宗教研究所へご注文 クレジットカード・コンビニ払い  

 2017年5月号 


つうしん から
◇今月のテーマは「みことばを感じる」です。この難しい、しかし重要なテーマを前に、執筆者の方々の力強いご支援をいただきました。心から感謝しております。山内志朗氏は、中世の霊性、信仰においていかに「味わい」が大切にされていたかを教えてくださっています。私たち現代人の生き生きとした信仰のためにとても大切な側面です。また、ピアニスト・近藤晃司氏は、信仰の心を演奏するご自身の感性から、音楽の根底にあるみことば、いつくしみについて味わい深くおまとめくださいました。
◇ご好評いただいている英隆一朗師の対談、今回から三回にわたり、ネルケ無方師がお相手です。ドイツ人禅僧と、日本人カトリック司祭、まったく逆の環境から、しかし背景をお互い深く知っているがゆえの、文化と宗教についての親しい分かち合いです。
◇マイケル・シーゲル師は、カトリックにおける戦争と平和について、その歴史的変遷と課題を論述してくださいました。旅する教会がこれからの平和を模索するため、歴史を振り返り反省することが常に求められています。
◇有沢螢氏のエッセイ、今回は五月に起きた体験の鮮やかな思い出の数々をお詠みくださいました。小林由加氏からは子どもたちへの教えの現場から、奇跡をめぐっての子どもたちの戸惑いと柔らかな学びの情景をご紹介いただきました。オリエンス典礼セミナーでは、南雲正晴師に、入信の秘跡と本質的に関わっている四旬節の典礼についてご解説いただきました。
「生活の中に福音が響く」では、学校図書館の司書をされている大森万智子氏が、本を通して子どもたちを学びの門へと誘う毎日の職務の中に垣間見た、福音の喜びを分かち合ってくださいました。
◇伊能哲大師による聖フランシスコの現代性をテーマとした連載、今回はフランシスコ会の成立からその核心にあった、聖フランシスコの繊細で緊密な友愛についてです。山口里子氏と牧野幸子氏による連載は、考古学、民俗学を活かした、聖書に登場する女性のお話とそれに登場する料理のレシピです。今回は不妊に苦しむサラ、そしてロトについて。そして神の御使いに振る舞ったかもしれない凝乳のレシピ、ナチュラルで心と体に実に美味しそうです。ぜひ実際に味わってみてください! ごちそうさま!
【お詫びと訂正】四月号65ページの中村弓子氏のお名前の読みが間違っていました。正しくは「なかむら・ゆみこ」です。お詫びして訂正いたします。

年間特別企画 これからの社会と宗教を考える

◆対談Ⅱ‐1 自己の救い、他からの救い
  英 隆一朗+ネルケ無方

フォーラム

◆戦争・暴力・平和とカトリック
  マイケル・シーゲル

月間テーマ みことばを感じる

◆こロゴスを味わうこと
  山内志朗
◆愛しみと音楽
  ――愛しみ~Sing His everlasting Graciousness~
  近藤晃司

連 載

◆虹の生まれるところ⑤
  祈りの薔薇
  有沢 螢
◆現代に挑戦するフランシスコ②
  フランシスコの心の動きとフラテルニタス
  伊能哲大
◆神さまって……子どもたちとの対話⑤
  奇跡って何だろう?
  小林由加
◆食べて味わう聖書の話②
  食べ物を求める旅と「乳」の恵み
  山口里子+牧野幸子

リレー連載

◆オリエンス典礼セミナー 教会共同体を活かす秘跡
  ――求道者とともに歩むために⑤
  入信の秘跡と四旬節の典礼
  南雲正晴
◆今、再び出会うリジューの聖テレーズ⑤
  「司祭の召命を感じます」
  宮本智子
◆生活の中に福音が響く⑰
  ――復活節第4主日~主の昇天
  「聞く」ということ、「門に入る」ということ、「羊でいる」ということ
  大森万智子

◆巻頭言 神の現存の感じについて
  鈴木 敦詞
◆この一冊 『福音み~つけた!』〔中学編、高校編〕
  石井 祥裕
バックナンバー(著者・記事一覧)
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
 
↑このページのTOPへ