奥村一郎選集:第7巻 カルメルの霊性奥村一郎選集
第7巻 カルメルの霊性
解説:高園泰子(カルメル修道会会員)

四六判・上製・240頁 2000円(税別)(B052)
ISBN978-4-87232-052-7

テレジア、ヨハネ、テレーズ。神と人への愛があふれる
日本の文化の中で福音が豊かに開花することを求めて祈り、思索し続けた一人の日本人――奥村一郎。半世紀にわたるその膨大な著作、講演等の記録から特に重要と思われるものを選び、テーマ別に集成。



           オリエンス宗教研究所へご注文   アマゾンへご注文

 目 次

  T カルメルとは
     第一章 カルメルの謎

  U カルメルの人々とその思想
    第二章 アビラのテレジア――その生涯と魂の遍歴
    第三章 十字架のヨハネ
    第四章 『天台小止観』と十字架のヨハネの思想
              ――「止観」と「暗夜」
    第五章 「無」の構造――十字架の聖ヨハネと東洋的霊性
    第六章 十字架の聖ヨハネにおけるキリスト
    第七草 『愛の生ける炎』を読む
    第八草 小さきテレーズと東洋的霊性
    第九章 テレーズに思う
    第十章 妙好人、テレーズ

   解 説  高園泰子 (カルメル修道会会員)

 このページを印刷する