奥村一郎選集:第8巻 神に向かう<祈り>奥村一郎選集
第8巻 神に向かう〈祈り〉
解説:橋重幸(厳律シトー会修道司祭)

四六判・上製・224頁 2000円(税別)(B057)
ISBN978-4-87232-057-2

私が祈るのではない。ただ黙する私の中で、神が祈っておられる。
人間は生まれながらにして祈る心の存在を抱いている――東西における祈りの方法論を丹念に見つめつつ、キリスト教がとらえる「神の営みとしての祈り」の世界へと導く。 


           オリエンス宗教研究所へご注文   アマゾンへご注文

 目 次

  T 祈りと愛
    第一章 神の国と主の祈り
    第二章 考える祈り、思う祈り、愛する祈り
    第三章 祈りと生活
    第四章 主において、つねによろこべ
    第五章 家庭と祈り
  
  U 東西の祈り
    第六章 現代における祈りの指導者
    第七章 キリスト教の祈りと東洋的霊性
    第八章 祈りにおける東西の出会い
    第九章 対話の神学と祈り
    第十章 キリスト教の黙想
    第十一章 現代における修行の意味

  V 愛のある信仰
    第十二章 一つとなるように
    第十三章 祈りとは何か
    第十四章 祈りの一考察

   解 説  橋重幸 (厳律シトー会修道司祭)

 このページを印刷する