奥村一郎選集:第2巻 多文化に生きる宗教奥村一郎選集
第2巻 多文化に生きる宗教
解説:橋本裕明(名古屋芸術大学教授)

四六判・上製・260頁 2000円(税別)(B059)
ISBN978-4-87232-059-6

対話と交流――
無限の真理の探究へ
共に手をとり旅立つ時

福音は文化に根ざすことによってさらに輝きを増し、さまざまな宗教は互いに学び合ってこそ共に豊かになれる――日本で福音が開花することを願いつつ、宗教対話を重ねることによって得られた視点は、日本とキリスト教を見つめる糸口を提供し、さらには現代における寛容と平和へ至る道を差し示す。

           オリエンス宗教研究所へご注文   アマゾンへご注文

 目 次


T 宗教対話と霊性交流

第一章   大いなる賭け――宗教対話
第二章   対話と交流
第三章   『希望の扉を開く』をめぐって
第四章   対 話――その神学と霊性
第五章   扉が壊された――対話と交流を顧みて

U 東 と 西

第六章   ぜいたくな問い
第七章   東と西の思考形態
第八章   日本人とキリスト教――遠藤文学の魂
第九章   キリスト教と諸宗教――宗教の多様性について
第十章   原色の神
第十一章  「我を誰なりと言うか」
        ――講演「東洋思想とカトリック」に寄せて

V アジアにおけるキリスト教

第十二章  アジアにおけるカトリックの現代的課題
         ――インカルチュレーション(文化的受肉)
第十三章  キリスト教の土着化
第十四章  東西南北

      解説:橋本裕明(名古屋芸術大学教授)


 このページを印刷する