いのりとわたしたち
いのりとわたしたち
三宅秀和 著
A5判・並製・ 80頁 800円(税別)(B070)
ISBN 978-4-87232-070-1

「いのりって、何だろう」という子どもの素朴な質問に答え、ひとりで、あるいはともに祈ることができるように導きます。 教会が大切にしてきた伝統的な祈りも取り上げる本書は、教会学校やカトリック校、キリスト教主義学校の宗教科・聖書科のサブテキストとしても最適です。
 

オリエンス宗教研究所へご注文   アマゾンへご注文

★ 著者紹介★
三宅秀和 (みやけ ひでかず)
イエズス会司祭。1951年神戸市生まれ、1984年司祭叙階。 著書に『典礼とわたしたち』がある。

 目 次


まえがき

T いのりって、何だろう?
   1  神さまに見てもらう
   2  いのりの心
   3  みんなは、神さまの似姿
   4  神さまを賛美するいのり
   5  神さまにゆるしを願ういのり
   6  神さまのめぐみを願ういのり
   7  神さまにうったえるいのり
   8  神さまに感謝するいのり

U ひとりでいのる、みんなでいのる
   9  主のいのり
  10 聖母マリアへのいのり
  11 お告げのいのり●アンジェルス
  12 ロザリオのいのり
  13 十字架の道行き
  14 殉教地への巡礼
  15 イエスさまへのいのり
  16 アシジの聖フランシスコの太陽の賛歌
  17 聖イグナチオ・ロヨラの自分をささげるいのり
  18 イエスさまの御父へのいのり
  19 みんなでいのり合う

みんなで考えて、わかち合ってみよう

あとがき
  

 このページを印刷する