聖書を味わう聖書を味わう
橋重幸 著
B6判・並製・ 204頁 1600円(税別)(B073)
ISBN 978-4-87232-073-2

 神の呼びかけに気づき、
 喜びに満たされるために――
 祈りの中で培われた聖書の読み方


『聖書 新共同訳』や典礼で使われる『詩編』の翻訳にも携わった厳律シトー会(トラピスト)司祭が、長年の観想生活をもとに聖書の読み方を紹介。人と神とのかかわりを探るなかで神の呼びかけに気づき、喜びに満たされるよう読者を招く。




オリエンス宗教研究所へご注文   アマゾンへご注文
★ 著者紹介★
厳律シトー会(トラピスト)司祭。1932年東京生まれ。カトリック本所教会にて受洗。1948年入会。1956年盛式誓願宣立。同年〜1964年ローマ留学、グレゴリアン大学、教皇庁立聖書研究所で神学と聖書学の修士号を取得。『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)の翻訳と編集に従事。著書に『主日の聖書』(オリエンス宗教研究所)、共著に『人生をやわらかに生きる対話』(青萌堂)などがある。

 目 次


T 聖書を味わうために
  1 神のことばと祈り
  2 神のことばとイエス
  3 聖書の読み方
  4 聖書をともに読む――聖書研究会の進め方
  5 聖書に参加する
U 神と人間の交流
  1 座る人間
  2 家
  3 歩く人間
  4 道
  5 イエスと方向線
  6 イエスの歩み
  7 立つ人間
  8 立ち上がる――復活
V 神の民の賛美
  1 神の民の祝祭
  2 なぜ賛美するのか
  3 神の前に立つ人
引用文献
あとがき

 このページを印刷する