存在の根を探して●イエスとともに希望の光 
●危機を通して、救いの道へ

英 隆一朗 著
B6判・並製・200頁・1500円(税別) (B091)
ISBN978-4-87232-091-6


現代の日本社会の問題を霊的観点から論じ、各テーマに沿った祈りを収録。
信仰生活が真の希望に結ばれ、きょうを悔いなく生きることができるよう願い、まとめられた一書。


          
 オリエンス宗教研究所へご注文  アマゾンへご注文

著者紹介

英 隆一朗
(はなふさ・りゅういちろう)
イエズス会司祭
1960年,神戸市生まれ.
1985年,イエズス会入会.
1993年,司祭叙階.
現在は東京教区麴町(聖イグナチオ)教会助任司祭.

 目 次


まえがき――光は闇の中で輝いている
1 東日本大震災と個人的体験から
    ●震災直後の祈り(二〇一一年三月十六日作成)
2 若者に希望はあるか
    ●若者の祈り
3 経済不況と格差社会から
    ●貧しい者の祈り
4 日本の教会に将来はあるか
    ●聖フランシスコ・ザビエルへの祈り
5 孤立する社会の中で
    ●ひとりの祈り
6 大震災の闇と光
    ●太陽の賛歌(アシジのフランシスコ)
7 原発事故から、問いかけられていること
    ●新たな祝福を願う祈り――福島の人びとと心を合わせて
8 恨みと復讐の世界を超えて
    ●ゆるしと平和の祈り
9 右傾化の流れの中で
    ●マリアの賛歌
10 排除から連帯へ
    ●平和を求める祈り(アシジのフランシスコ)
11 懐かしい未来へ
    ●マラナ・タ(主よ、来てください)
12 ビジョンなき民は滅びる――あとがきに代えて
引用・参考文献

 このページを印刷する