存在の根を探して●イエスとともに希望のしるし 
●旅路の支え、励まし、喜び


岡田武夫 著
B6判変型・並製・178頁・1000円(税別) (B092)
ISBN978-4-87232-092-3



人生を歩み続けるわたしたちの希望は、どこに示されているのか。著者の既刊書『現代の荒れ野で』に収められた論考のうち長く読み継がれている2編を再録し、さらに新たな説教・著作を加えて編纂された一書。今を生きるすべての人々へ贈る、癒しと励ましのメッセージ。
          

 オリエンス宗教研究所へご注文  アマゾンへご注文
著者紹介
岡田 武夫(おかだ・たけお)
カトリック東京大司教。1941年千葉県生まれ。1973年カトリック東京教区司祭となる。1991年浦和教区(現さいたま教区)司教、2000年より現職。前日本カトリック司教協議会会長。

 目 次

まえがき
第1章 キリストの光を証しする
 1 聖ヨセフの信仰
 2 自分から出て行く
 3 世界を刷新するために
 4 信仰の記憶とは
 5 尊者・福者・聖人とは
 6 イエスは世の光
第2章 殉教者と現代
 1 世俗化社会と信仰
 2 使徒ペトロ・パウロの殉教
 3 パウロの熱意と悪との戦い
 4 ペトロ岐部の忍耐と希望
 5 生きる希望を告げる
第3章 兄弟姉妹に目を向ける
 1 兄弟愛と食糧問題
 2 病人の不安と孤独を共に
 3 人々の希望のしるしに
 4 人生の不公平に目を
 5 世界の問題と真理の力
第4章 救いへの招き
 1 救いを待ち望む
 2 癒しの意味
 3 神の至福へ
第5章 宗教と寛容
 1 暴力行使の歴史
 2 他宗教の教え
 3 神との出会いの機会 
 4 不寛容を超えて
エピローグ 「あなたがたに平和があるように」
初出一覧

 このページを印刷する