人を生かす神の知恵――祈りとともに歩む人生の四季人を生かす神の知恵 =7月20日発売=
――祈りとともに歩む人生の四季

武田なほみ●上智大学神学部教授

B6判・並製・224頁 1500円(税別)(B094)
ISBN978-4-87232-094-7

人生の秋という恵み――
成熟と実り、そして日々新たに生きる姿の
美しさを教えられる時。

さまざまな課題に向き合い、変化を経験しながら人生の旅路を歩む私たち。日々の暮らしの中で福音に聴き、福音によって生かされ、ともに生きることを、いのちそのものである神とその知恵に心を上げつつ見つめていく。

【著者プロフィール】
武田なほみ
上智大学神学部教授
東京生まれ。慶応義塾大学卒業。シアトル大学大学院を経て、アイダホ大学大学院博士課程修了。上智大学大学院神学研究科修了。専攻分野は生涯発達論、新約聖書神学。研究テーマはキリスト教信仰と人間形成など。

オリエンス宗教研究所へご注文   アマゾンへご注文

 目 次


    T 「私」への道――愛と慈しみに育まれ

  1 いのちを支える「存在肯定」の声
  2 道を求めて
  3 一年生の喜び
  4 旅と冒険
  5 親密なかかわりへの招き
  6 喜びを選ぶ

    U ともに歩む道――キリストのうちに

  7 愛といのちの絆を生きる
  8 ともにする食事
  9 家庭と祈り
  10 人生の秋に
  11 火をともす役割
      ――成人期とジェネラティヴィティ(1)
  12 光と闇のせめぎあい
      ――成人期とジェネラティヴィティ(2)
  13 記憶と癒し
  14 ケアというかかわりの深み

    V 新しい道――キリストとともに

  15 悲しみと神秘
  16 知恵と祈り
  17 老いの孤独と希望
  18 希望のかけ橋
  19 扉を開いて
  20 若葉のこころ――老いて日々新たに主と出会う
    
    引用・参考文献
    あとがき

 このページを印刷する