本文へスキップ
 
WWW を検索 本サイト内 の検索

月刊 福音宣教

2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

2019年 バックナンバー (著者・記事一覧)

1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8・9月号 10月号 11月号  12月号

○富士山マガジンサービスからご注文

●2019年 1月号

特別企画 リレー座談 私と、家族と、社会とのかかわり 

◆Ⅰ‐1 閉鎖空間を開くために   香山リカ × 晴佐久昌英
フォーラム

◆カトリック徳田教会が物語るフロジャック神父   倉方俊輔
月間テーマ 神と民とのかかわり

◆人と交わりを求める神   佐久間 勤
◆イエスと人々のかかわり ――マタイ福音書を通して   松本敏之
◆歴史における聖霊の働き ――アッシジの聖フランチェスコに見られる聖霊の息吹   手塚奈々子

連 載

◆虹の生まれるところ㉓ 『さざなみのよる』   有沢 螢
◆行け、音よ翼に乗って⑫ フランシスコ教皇のこと   三澤洋史
◆カトリックの信仰を生きた愛国者・ステファノ山本信次郎① なぜ、今、山本信次郎なのか   大瀬高司
◆詩編の中の「わたしと神」① 神との関係   青木孝子
◆時の階段を下りながら⑫  20世紀初頭の宣教不振打開策  ――日本人司祭・信徒を中心に   三好千春
◆「先生、あの偉そうな赤ちゃん誰?」①  信仰から生まれた表現   小林由加
◆典礼暦と季節の味わい②  神の栄光の現れを祝う   柳谷晃子
◆イエスが出会った女性たち⑨  イエスは大酒飲みだったのか?   山口里子

◆新年に寄せて  他者と共に生きる恵みを願って   コンスタンチノ・コンニ・カランバ
◆この一冊  千葉茂樹 著 『映画で人を育てたい――マザー・テレサに魅せられて』   編集部
◆つうしん


在庫:
数量:

●2019年 2月号

特別企画 リレー座談 私と、家族と、社会とのかかわり 

◆Ⅰ‐2 大家族と小家族のいいとこ取り   香山リカ × 晴佐久昌英
投 稿

◆「SAM」と呼ばれた宣教会   A・V・カンペンハウド
月間テーマ 神の国の始まり

◆神の国、キリストの愛   大塚了平
◆神の国と原子力(核)問題    内藤新吾
◆食といのちを分かち合う   荒川朋子

連 載

◆虹の生まれるところ㉔ 『愛の妖精』   有沢 螢
◆行け、音よ翼に乗って⑬ ワーグナーへの愛の伝播   三澤洋史
◆カトリックの信仰を生きた愛国者・ステファノ山本信次郎②  100年前、聖座に向けて記された山本の書簡   大瀬高司
◆詩編の中の「わたしの神」② わたしの神―王   青木孝子
◆時の階段を下りながら⑬ 「第四階級」からの脱却を目指して   三好千春
◆「先生、あの偉そうな赤ちゃん誰?」②  祈りを知って   小林由加
◆典礼暦と季節の味わい③  春が立つ時、自分の中の鬼に   柳谷晃子
◆イエスが出会った女性たち⑩  イエスは病人たちを治療していたのか?   山口里子

◆巻頭言 「外向きで、愛のある、親切な」教会   有村浩一
◆この一冊 番外編 使徒的勧告『喜びに喜べ』を読む   小西広志
◆つうしん

在庫:
数量:

●2019年 3月号

特別企画 リレー座談 私と、家族と、社会とのかかわり 

◆Ⅰ‐3 加害者、受刑者の家族とも   香山リカ × 晴佐久昌英
フォーラム この人に聞く

◆歌に導かれ、歌と共に歩み続ける  さいたま教区司祭 塩田 泉さん  聞き手 黒川京子
月間テーマ 罪、苦しみを見つめ、かかわりあう

◆罪と向き合う   中村健三
◆罪の告白と回心の意義  ――洗礼者ヨハネとイエスの使信   吉田 新
◆塀の中の福音  ――受刑者とのかかわり   藤田 薫

連 載

◆虹の生まれるところ㉕ 『きもの』  有沢 螢
◆行け、音よ翼に乗って⑭ 悪について  三澤洋史
◆カトリックの信仰を生きた愛国者・ステファノ山本信次郎③  山本書簡の理解を深めるために  大瀬高司
◆詩編の中の「わたしの神」③ わたしの神――審判者  青木孝子
◆時の階段を下りながら⑭ 神社参拝問題  三好千春
◆「先生、あの偉そうな赤ちゃん誰?」③  ミサはヤバい  小林由加
◆典礼暦と季節の味わい④  四旬節の始まり  柳谷晃子
◆イエスが出会った女性たち 最終回  イエスの結婚観、家族観とは?  山口里子

◆巻頭言 「この子はもう、悪さばっかりするんじゃけ」  原 敬子
◆つうしん


在庫:
数量:

●2019年 4月号

特別企画 リレー座談 私と、家族と、社会とのかかわり 

◆Ⅱ‐1 命の木々  ――人間性の謎  宮台真司 × 関根英雄 × エドガル・ガクタン
フォーラム 

◆尾張と美濃のキリシタン  ――抹殺されたキリシタン共同体  浅井太郎
月間テーマ 復活を生きる

◆聖霊との協働(シュネルギア)  ――“イエスのミッション”において神を体験していく  小暮康久
◆終わりの時、愛は人となる  ――ジュヌヴィエーヴ・メドヴィエルの終末観  原 敬子
◆神からのコーリング(召命)のしるし  加藤美紀

連 載

◆虹の生まれるところ㉖ 『すらすら読める徒然草』  有沢 螢
◆行け、音よ翼に乗って⑮ 指揮と舞踏  三澤洋史
◆〔リレー連載〕オリエンス典礼セミナー 典礼と信仰教育① 歴史から見えてくる課題(上)  ――初期の典礼と信仰教育の一体性  石井祥裕
◆カトリックの信仰を生きた愛国者・ステファノ山本信次郎④ 初代駐日教皇使節の任命  大瀬高司
◆詩編の中の「わたしの神」④ 罪のゆるし  青木孝子
◆時の階段を下りながら⑮ カトリック教会と「忠君愛国」  三好千春
◆「先生、あの偉そうな赤ちゃん誰?」④ 私は地の塩、世の光だったの?  小林由加
◆典礼暦とともに季節の味わい⑤  復活の喜びは、最高の生きる糧  柳谷晃子

◆巻頭言 イエス・キリストは今もいつもともに  阿部慶太
◆つうしん


在庫:
数量:

●2019年 5月号

特別企画 リレー座談 私と、家族と、社会とのかかわり 

◆Ⅱ‐2 ぶどう園の囲いを超える「祭り」  宮台真司 × 関根英雄 × エドガル・ガクタン
投 稿 

◆平戸への旅(上)  ――南蛮絵更紗「海の幸」の由来を探しに  加藤耀子
月間テーマ 多様に広がる聖霊――キリストの肢体

◆ジャック・デュプイ師をめぐって  ――諸宗教の神学の先駆者  阿部仲麻呂
◆弱い立場の人々は光を持っている  ――弱者排除の風潮に抗して  澤田愛子
◆インタビュー 日本の教会の希望  ――日本とベトナムの架け橋となる  ファン・デュック・ディン

連 載

◆虹の生まれるところ㉗  『青少年のための小説入門』  有沢 螢
◆行け、音よ翼に乗って⑯  イタリアでの聖週間  三澤洋史
◆〔リレー連載〕オリエンス典礼セミナー 典礼と信仰教育②  歴史から見えてくる課題(下)  ――近代のカテキズムと典礼刷新  石井祥弘
◆カトリックの信仰を生きた愛国者・ステファノ山本信次郎⑤  日本カトリック教会の礎的支援者 J・ティーベルギャン(上)  大瀬高司
◆詩編の中の「わたしの神」⑤  命の神  青木孝子
◆時の階段を下りながら⑯  日本天主公教教団  三好千春
◆「先生、あの偉そうな赤ちゃん誰?」⑤  愛されているって感じる?  小林由加
◆典礼暦と季節の味わい⑥  大勢の人々の間で織りなされる「教会」  柳谷晃子

◆巻頭言 聖書の新しい翻訳  久保文彦
◆つうしん


在庫:
数量:

●2019年 6月号

特別企画 リレー座談 私と、家族と、社会とのかかわり 

◆Ⅱ‐3 神話、民族学から見るキリスト教シンボル  宮台真司 × 関根英雄 × エドガル・ガクタン
投 稿 

◆平戸への旅(下)  ――安満岳の里の暮らしを訪ねて  加藤耀子
月間テーマ 若者に聴く教会

◆青年たちとともに歩む場として  ――ネットワークミーティングの活動について  片岡義博
◆青年たちが作る教会❝居場所❞  杉野希都
◆インタビュー “ミッション”は不可能ではない  ――特別な体験を分かち合いたい気持ちから  西村桃子

連 載

◆虹の生まれるところ㉘  『文学はおいしい。』  有沢 螢
◆行け、音よ翼に乗って⑰  進歩と気づき  三澤洋史
◆〔リレー連載〕オリエンス典礼セミナー 典礼と信仰教育③  信徒の信仰養成  アンドレ・ヴァン=カンペンハウド
◆カトリックの信仰を生きた愛国者・ステファノ山本信次郎⑥  日本カトリック教会の礎的支援者 J・ティーベルギャン(下)  大瀬高司
◆詩編の中の「わたしの神」⑥  巡 礼 青木孝子
◆時の階段を下りながら⑰  日本占領期のカトリック教会  三好千春
◆「先生、あの偉そうな赤ちゃん誰?」⑥  イエスさまはアンパンマン  小林由加
◆典礼暦と季節の味わい⑦  世の母、教会  柳谷晃子

◆巻頭言 巡礼の力強い恵み  鈴木敦詞
◆つうしん


在庫:
数量:
このページの先頭へ

●2019年 7月号

●2019年 8・9月号

●2019年 10月号

●2019年 11月号

●2019年 12月号

○富士山マガジンサービスからご注文


バナースペース

オリエンス宗教研究所

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-28-5

Tel. 03-3322-7601
Fax 03-3325-5322
MAIL