本文へスキップ
 
WWW を検索 本サイト内 の検索

月刊 福音宣教

2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

2023年 バックナンバー (著者・記事一覧)

1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8・9月号 10月号 11月号  12月号

○月刊『福音宣教』トップページ



○富士山マガジンサービスからご注文

●2023年 1月号

新年に寄せて

時代を超えた大切な信仰の光  コンスタンチノ・コンニ・カランバ
巻頭特別企画

◆憲法とキリスト教 第1回 なぜ法学は宗教思想から距離を置くのか  南野 森×森島 豊×久保文彦
 (日本国憲法の中心である個人の尊厳とキリスト教は、明らかに関係がありそうなのに、どうしてそのことがあまり語られてこなかったのか。南野先生が解説してくれています)
世のメタファーを読む

◆約束の地への旅、楽園への帰還  濱田欧太郎
月間テーマ チーム・ミニストリーの実践から

◆本当のチーム、共同体とは――コロナ禍の世界で見えたことを通じて  赤井悠蔵
 
(共同体ではない教会はなく、共同宣教司牧でない司牧はない。生活支援もまた立派なチーム・ミニストリー〈共同宣教司牧〉である。今の教会に一番必要な精神が語られています)
◆インタビュー 間野正孝師――旭川市内のチーム・ミニストリー  編集部
 
(司祭が高齢化し減少していく中で、地方の教会はどのような変容を迫られているか。カトリック札幌教区旭川地区から、具体的な事例がレポートされます)
◆東京教区カテキスタ、発足から四年目  編集部
 
(担当司祭である猪熊師や、実際のカテキスタである本誌編集担当鈴木から、東京教区のカテキスタたちがどのように活動し、どのような問題に直面しているか、具体的に語られます)
連 載

◆京・江戸・博多、そして巴里 12 カルメル山登攀  南野 森
◆祈りがないと生きていけない 第1回 祈りとの出会い  萩原千加子
◆使徒的書簡 Desiderio desideravi(切に願っていた)を読む
  ――教会活動の頂点であり源泉である典礼について 第1回  フランコ・ソットコルノラ
◆栗田隆子と、フェミニスト神学に学んでみよう! 第1回 フェミニズムとは? 栗田隆子
◆イエスのたとえ――生きる希望のしるべとして 第1回 「種を蒔く人」「成長する種」のたとえ  本多峰子
◆私とイエスとの出会い 第1回 人に最も必要なもの  今村勝己
◆ヘブライの言葉、イスラエルの物語 第1回 「ヘブライ語」という遺産  高橋洋成


◆つうしん

●2023年 2月号

巻頭特別企画

◆憲法とキリスト教 第2回 聖書と憲法の共通点  南野 森×森島 豊×久保文彦
 (法実証主義に基づく実定法は悪法でも違法ではない可能性があり、ナチズムにも利用されたため、その反省から戦後ドイツでは自然法の復権がありました。人間らしく生きるための参考書でもある聖書と日本国憲法の共通点とは)
フォーラム

◆「シノドス的教会を目指すカトリック教会」のコミュニオン――大陸ステージのための作業文書をどう読むか  原 敬子
 (今期シノドスの「回心と改革の旅」のために全世界から集められた回答書では、どのようなことが考えられ、何が目指されているのか。宣教するシノドス的な教会となるための取り組みを解説)
月間テーマ カトリック学校と教区の連携

◆東北地区でのカトリック学校教員養成  土倉 相
 
(宗教教育をすることが難しくなっていく環境の中、「カトリック学校の教職員のための養成塾」などで、長年地道に行われてきた教員同士の分かち合いや仲間作りについて知ることができます)
◆北海道カトリック学園のあゆみ  品田典子
 (カトリック学校の法人移管の経緯、地域の人口減少やコロナ禍、共学化への準備など、ミッションスクールにとっても厳しい時代の背景と展望について貴重な証言が語られます)
◆函館ラ・サールミッション部とカトリック函館地区青年交流会  韓 徳
 (札幌教区の湯川教会ではベトナム人技能実習生への食糧支援が行われています。その活動を通して交流する函館ラ・サールミッション部。信者ではない学生たちの姿は、若者が減った現代日本の教会の希望となる成功例です)
連 載

◆風よ! 炎よ! 私にことばを! 18 聖書の当時と今  小林 剛
◆京・江戸・博多、そして巴里 13 いも九、いざ江戸へ  南野 森
◆祈りがないと生きていけない 第2回 神を知る道  佐無田 靖
◆使徒的書簡 Desiderio desideravi(切に願っていた)を読む
  ――教会活動の頂点であり源泉である典礼について 第2回 典礼はキリストとの出会い――書簡の意図について フランコ・ソットコルノラ
◆栗田隆子と、フェミニスト神学に学んでみよう! 第2回 耳を傾けない罪――メアリー・デイリー『教会と第二の性』を読む 栗田隆子
◆イエスのたとえ――生きる希望のしるべとして 第2回 「ぶどう園と農夫」のたとえ  本多峰子
◆私とイエスとの出会い 第2回 私の信仰体験  赤木啓子
◆ヘブライの言葉、イスラエルの物語 第2回 「神の言葉」という知恵  高橋洋成

◆つうしん

●2023年 3月号

●2023年 4月号

●2023年 5月号

●2023年 6月号

●2023年 7月号

●2023年 8・9月号

●2023年 10月号

●2023年 11月号

●2023年 12月号




○富士山マガジンサービスからご注文


バナースペース

オリエンス宗教研究所

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-28-5

Tel 03-3322-7601
Fax 03-3325-5322
MAIL