本文へスキップ
 
WWW を検索 本サイト内 の検索

月刊 福音宣教

最新号 2月号

キリストを伝えるカトリック月刊誌 福音宣教
2021年 年間テーマ 
変動の時、道を探して
信仰を養うためのヒントを分かち合い、 社会を福音の価値観から見つめ直すための 特集・連載記事をお届けします。

福音宣教 
月刊・毎月15日発行 年間11回(8.9月合併号)
1部定価:本体600円+税 送料別


年間購読料(税・送料込)
国内7500円、海外船便8000円
航空便第1地帯(アジア)9500円
航空便第2地帯(欧州・北米)10200円
航空便第3地帯(アフリカ・南米)11100円


〇今月の内容はこちら
○定期購読のご案内
2021年のご案内

※表紙画像をクリックすると拡大して表示されます。

●この号のみのご注文
在庫:
数量:

●定期購読のご注文
※2019年1月号から購読料を改定いたしました。
在庫:
開始号をお選びください。:
数量:

●バックナンバーのご注文はこちら

●富士山マガジンサービスからご注文(クレジット・コンビニ払いをご希望の方)

  

2021年2月号の内容

つうしん
 緊急事態宣言が再度発令される見通しです。緊急時でも、変わることのない大切なもの、また確実にある恵みへの気づきを失うことなく、主の導きを願っていきたいです。
◇巻頭特別企画 福嶋揚氏による「地球を守るキリスト教」第二回目、今回は環境危機への加担の面に関し、幅広い観点から振り返っていただきました。環境意識が教会でも高まりを見せていますが、今一度その問題の変遷など、焦点を振り返り総括します。
◇月間テーマ 「格差の広がりを前に」と題し、さまざまなレベル――宗教レベル、市民レベル、共同体レベルでの識者のご寄稿をお届けします。内外の力強い市民や有志の活動の一端に、鼓舞させられる記事が集まりました。
 稲場圭信氏には宗教やボランティアの社会における、リスク社会での役割を論じていただきました。既存のシステムが機能しない時、社会はどこから変わっていけばよいのでしょう。
 工藤律子氏にはメキシコやスペインの地域・市民共同体の、その生き生きとした自発的活動の知見から、日本の私たちのあり方を再考していただきました。
 また奥田知志師には、長年続けてこられたホームレス支援のNPO『抱樸』の体験の数々をお教えいただいています。闇の中で輝く光を心に感じてみましょう。
◇この人に聞く 六四年間、地域と交流を続けてきたナミュール・ノートルダム修道女会の修道院の閉鎖を前に、シスター渡辺愛子にお話を伺いました。地域住民の保存運動の結果、文化財でもあるその建物と庭は、新たな役割を担って再スタートを切る予定です。
◇編集後記 リニューアルの一環として、編集者の声を交代で(たぶん)お届けします。そのきっかけは、私個人、雑誌の隅々まで眺めることが好きで、中でも「編集後記」は真っ先に読む変態(そういう方、結構いるんじゃないですか)。
 しかし、どの程度リラックスするか、その匙加減、非常に難しいですね、やってみて初めてわかりました……。しかも、『福音宣教』という重い看板の重圧で……無謀でした。
 今も誤字脱字の最終チェックの秒読みに入っているこの一カ月に一度、ストレスで瀕死の状態になる虚脱状態の中で、いかにして、余裕をかませるのか。
 各界の雑誌の編集者たちが、一カ月悩みに悩んでいたんだと思い知っております。この欄、果たして次回、どうなっているのか、乞うご期待…(S)。


目次はこちら

ご購読のお申込みはこちら


2021年のご案内

年間テーマ
変動の時、道を探して

巻頭特別企画

傷ついた連帯から――共にある善さ、生命を求める
社会の結びつきのあり方が大きく変わりつつある今、環境問題をはじめ、わたしたちが連帯して共に求め、守るべき共通善について考えていきます。
第1回 「地球のためのキリスト教」
 福嶋 揚(神学者)

新連載

悪と苦難に面して――キリスト教神学の応答 
本多峰子(聖書学者)

神が造り、導く世界になぜ、悪や災害などによる大きな苦しみがあるのか考えていきます。
「信仰の世界」へのエクソダス――旧約と新約のつながりから 
吉池好高(東京教区司祭)

旧約から新約へ、聖書の要所をたどり、キリスト教信仰の総合的理解を求めていきます。

特設ページのご案内
祭服への旅 
林 良子(染織家)

手染めの生地を、信仰の精神で染めつけ祭服を作り上げる染織家の半生の歩みです。
寅さんの神学 
米田彰男(ドミニコ会司祭)

著書『寅さんとイエス』で聖書とユーモアを結び付けた著者が現代の信仰について語ります。
心にまく種、文学――キリスト教への扉 
釘宮明美(キリスト教文学研究者)

信仰への入り口となりうる良書の数々について、その魅力をお届けいたします。

継続連載
アンジェラスの鐘
加藤美紀(教育学者)

みちのく在住のシスターより、つれづれに綴られた信仰の分かち合いです。父上でもある将棋棋士・加藤一二三氏との対談も予定。
かたわらに、今、たたずんで
大野高志(病院チャプレン)

病院チャプレンとして人々に寄り添う日々から、キリストと共にたたずむ実感と、人々との信仰の分かち合いをお届けします。


定期購読のお申し込み

オリエンスへご注文

●当サイトまたはお電話・Faxにてお申し込みください。
  Tel : 03-3322-7601 Fax : 03-3325-5322
●お申し込み受け付け後、郵便局へのお振り込みのご案内をお送りします。郵便局の代金引換サービス(別途、手数料470円がかかります)も承ります。

郵便局からお振り込み

●郵便局に備えつけの振替用紙にてご購読料を下記口座までお振り込みください。ご入金確認後、発送いたします。
  ○口座番号:00170-2-84745
  ○加入者名:オリエンス宗教研究所
  ○ご購読料:1冊あたり7500円(送料・税込)
  ○備考欄:「福音宣教~月号から」とご希望の開始月とともにご明記ください。
       開始希望月のご指定がなければ、最新号からお送りいたします。
●プレゼントの場合は、プレゼント発送先を備考欄にご記入ください。


富士山マガジンサービスからご注文(クレジット・コンビニ払いをご希望の方)

●こちらのバナーをクリックしてご利用ください。 *バックナンバー、特定号のみのご購入も可能です。
  
●富士山マガジンサービスをご利用いただいた場合の返品・取消等は当研究所では承っておりません。直接富士山マガジンサービスへお問い合わせください。

バックナンバー (2006年以前のバックナンバーにつきましては、お問い合わせください)

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

バナースペース

オリエンス宗教研究所

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-28-5

Tel 03-3322-7601
Fax 03-3325-5322
MAIL