本文へスキップ
 
WWW を検索 本サイト内 の検索

月刊 福音宣教

2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

2022年 バックナンバー (著者・記事一覧)

1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8・9月号 10月号 11月号  12月号

○月刊『福音宣教』トップページ

○富士山マガジンサービスからご注文

●2022年 1月号

巻頭特別企画

◆第1部 これからの教会と社会を考える 第1回 出向くこと、場所をあけること  若松英輔×稲葉 剛×小林 剛
 (作家でカトリック信徒の若松英輔氏が、教皇来日に随行した経験を踏まえ、これからの教会のあり方について考えます。そこに社会活動家の稲葉剛氏が、ご自身の路上生活者への支援活動をもとに、新しい光を差し込ませています)
世のメタファーを読む

◆悪魔が来りてリストを弾く  濱田欧太郎
座談会

◆新しい「ミサの式次第と奉献文」をめぐって 第1回 なぜ今、日本の教会でミサが変わるのか
 梅村昌弘×市瀬英昭×フランコ・ソットコルノラ×宮越俊光×石井祥裕

 (長きにわたり、ミサ式次第の改訂にかかわってきた典礼委員の方々が、今回の改訂・認可に寄せる率直な思いを、これまでの歩みを回想しながら語り合います)
月間テーマ これからの教会と女性のために

◆シスター弘田しずえに聞く――(1) アジア・中米での体験から  編集部
 
(世界をまたにかけ、激動の時代を生き抜いてきた弘田しずえ氏が、ご本人しか語り得ない世界各地の司教、司祭、シスター、信徒との出会い、そこでの出来事を率直に語った貴重なインタビューです)
◆マグダラのマリア――(1) その伝説と歴史の実像  福嶋裕子
 
(マグダラのマリアが娼婦であったというのは本当か? ハーバード大学で博士号を取得した新進気鋭のフェミニスト神学者である筆者が、マグダラのマリアをめぐる言説の裏に潜む、教会に深く根付く偏見を指摘します)
◆カトリック教会における「父」「母」「きょうだい」「子」とは誰か  栗田隆子
 
(カトリック教会は、知らず知らずのうちに、典型的な教会員以外の人を排除してしまっているのかもしれません。栗田氏はご自身も信徒でありながら、いわば外部の視点から、この問題に鋭いメスを入れていきます)
連 載

◆京・江戸・博多、そして巴里 1 アラール神父と売店のおじさん 南野 森
◆インタビュー ひふみんの福音だより 1 努力と、お恵み。理性と、ひらめき。  加藤一二三
◆イエスとの出会い――新約聖書の人々 1 マグダラのマリア  本多峰子
◆「信仰の世界」へのエクソダス――旧約と新約のつながりから 12  申命記のいましめ 吉池好高
◆かたわらに、今、たたずんで 23 木から降りてみたら  大野高志
◆ヘブライの言葉、キリストの物語 1 「インマヌエル」という物語  高橋洋成


◆新年に寄せて 共に旅をする教会としてのシノダリティ  コンスタンチノ・コンニ・カランバ
◆つうしん


在庫:
数量:
 

●2022年 2月号

巻頭特別企画

◆第1部 これからの教会と社会を考える 第2回 小さなことからはじめよう!  若松英輔×稲葉 剛×小林 剛
 (路上生活者支援の専門家である稲葉剛さんが、今教会にできる福祉活動として、各教会に「路上脱出ガイド」「緊急お助けパック」を置くという具体的な提案をしてくださっています)

座談会

◆新しい「ミサの式次第と奉献文」をめぐって 第2回 今までが「暫定的な認証」であったという認識
 梅村昌弘×市瀬英昭×フランコ・ソットコルノラ×宮越俊光×石井祥裕

 (普段カトリック教会にいるだけでは分からない、バチカンと各国教会との関係や、その間に立って調整されている方々の苦労と、変更の意味合い、位置づけが良く分かります)
月間テーマ これからの教会と女性のために(2)

◆シスター弘田しずえに聞く――(2) 危機の中、私たちも動く  編集部
 
(実際に目撃した人にしか分からない、世界のカトリック国におけるハラスメントや差別の実情と、バチカンの今後にもつながる新しい動きについて克明に報告されています)
◆マグダラのマリア――(2) 十字架と復活  福嶋裕子
 
(十字架と復活の目撃者としてのマグダラのマリアは歴史的にどのように扱われてきたのか、そして実際はどうであったのかの可能性を、聖書をもとにその意味、背景を考察しています)
◆ちいさきものへのまなざし  瀬尾さとみ
連 載

◆風よ! 炎よ! 私に言葉を! 8 シノドス、始めました!  有村浩一
◆インタビュー ひふみんの福音だより 2 日々高められていく、心を込めた日常生活と、将棋  加藤一二三
◆京・江戸・博多、そして巴里 2 知と出会い、人と出会う大学  南野 森
◆イエスとの出会い――新約聖書の人々 2 サマリアの女性とナインのやもめ  本多峰子
 (福音の最初期の宣教者としてのサマリアの女と、民全体の救いの初穂という大きな恵みの生き証人としての、ナインのやもめの重要な役割について論じています)
◆「信仰の世界」へのエクソダス――旧約と新約のつながりから 13 モーセの最期と約束の地  吉池好高
◆かたわらに、今、たたずんで 24 この世のものはこの世に置いて  大野高志
◆ヘブライの言葉、キリストの物語 2 「サバクタニ」という事件  高橋洋成

◆つうしん

在庫:
数量:
 

●2022年 3月号

●2022年 4月号

●2022年 5月号

●2022年 6月号

●2022年 7月号

●2022年 8・9月号

●2022年 10月号

●2022年 11月号

●2022年 12月号

○富士山マガジンサービスからご注文


バナースペース

オリエンス宗教研究所

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-28-5

Tel 03-3322-7601
Fax 03-3325-5322
MAIL