本文へスキップ
 
WWW を検索 本サイト内 の検索

月刊 福音宣教

2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

2024年 年間テーマ:神と他者へと開かれる  バックナンバー (著者・記事一覧)

1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8・9月号 10月号 11月号  12月号

○月刊『福音宣教』トップページ



○富士山マガジンサービスからご注文

●2024年 1月号 品切れ

新年に寄せて

争いの文化から共に生きるケアの文化へ  コンスタンチノ・コンニ・カランバ(オリエンス宗教研究所所長)
巻頭特別企画

◆拓く教会・閉じる教会――それでも対話を続けよう (1)共同体に求めるものの多様性  森本真由美(組織開発コンサルタント・カウンセリング心理士)
 教会が開かれ、対話が積極的になされるためにはどうしたらいいのか、組織開発コンサルタントの著者が分かりやすく解説する連載。今回は、人々が教会に何を求めているのか、その多様性についての気づきから考察が始まっています。
フォーラム

◆地雷除去ロボットの開発と脱炭素社会への道(上)  鈴木 隆(イエズス会霊性センター「せせらぎ」スタッフ、学校法人ザベリオ学園理事長)
 
悪魔の兵器と呼ばれる地雷の撤去は、撤去しなければ膨大な市民の犠牲者が出、その撤去作業においても数多くの犠牲者を出します。長年の開発の末ついに実用化に成功した地雷撤去ロボットの普及には、しかしまだ困難が伴っています。
月間テーマ シノドス第1会期レポート

◆霊における会話――祈りのうちに聞き、聖霊が導く  西村桃子(セルヴィー・エヴァンジェリー宣教者の会宣教師)
 
シノドス議長代理の著者が、今回の会議で本質的な役割を果たした重要な進め方「霊における会話」についてのポイントを説明。日本の小教区のどの場面でもこの方法を取り入れることが可能であり、教会が大きく変わり得る、非常によく考えられたメソッドをぜひ学びましょう。
◆インタビュー シノドスを振り返って(1)――教会には認められていない人々が大勢いる  弘田しずえ(べリス・メルセス宣教修道女会会員)
 
過去のシノドスにも参加し、直接それを知る弘田氏に、国際的な幅広い視点から今回のシノドスの革命的な新しさについて語っていただきました。一般メディアからは伝わってこない、シノドスの実際の内部の感触を感じてみましょう。
◆シノドスの3つのシンボル――丸テーブル・QRコード・参加者  菊地 功(東京教区大司教)
 
各国から集まった、お互いに知らない、立場や文化が異なる348名の参加者がQRコードで厳しく出欠を管理されながら、長時間、12名の小グループに分かれ、友となり、真剣に語り合った情景が分かりやすく描写されています。
連 載

◆京・江戸・博多、そして巴里 23 福岡カトリック神学院  南野 森(憲法学者
◆預言者と現代――私たちは旧約預言者とどう向き合うべきか 第1回 預言者とは何か  北 博(聖書学者
◆美しい日本の所作――典礼の文化内化のために 1 わたしを見た者は、父を見たのだ  フランコ・ソットコルノラ
(聖ザベリオ宣教会司祭)
◆信仰を養う主日の福音 第2回 B年 神の母聖マリア~年間第4主日  雨宮 慧
(東京教区司祭)
◆私とイエスの出会い 第12回  いただいた気づきを大切にしたい  阿南孝也
(「こころのともしび」代表役員)
◆ヘブライの言葉、イスラエルの物語 第12回 「占星術の学者たち」という歴史  高橋洋成
(セム語(ヘブライ語)学者)

◆つうしん


○月刊『福音宣教』トップページへ

●2024年 2月号

巻頭特別企画

◆拓く教会・閉じる教会――それでも対話を続けよう (2)互いに影響し合う関係性  森本真由美(組織開発コンサルタント・カウンセリング心理士)
フォーラム

◆地雷除去ロボットの開発と脱炭素社会への道(下)  鈴木 隆(イエズス会霊性センター「せせらぎ」スタッフ、学校法人ザベリオ学園理事長)
 
地雷撤去プロジェクトは、地雷が撤去された跡地にウチワサボテンを植樹するプログラムと結びついています。ウチワサボテンは二酸化炭素の吸収力に優れているばかりではなく、大気中の二酸化炭素をシュウ酸カルシュウムとして固定化し、800度の熱を加えても二酸化炭素に分解されず、半永久的に閉じ込めることができるのです。
月間テーマ 互いに深く聞き、考え、対話する

◆対話の可能性を求めて 納富信留(東京大学人文社会系研究科教授)
 
真の対話は、完全に対等な立場でしかありえず、それは常に役割や立ち位置がつきまとう社会や、通常の日常生活ではほぼあり得ないと著者は反省を促します。優劣や立場を超えて、より善く生きるために対等な立場をめざして対話を行い、真理を共同探究しようとする姿勢が大切です。
◆哲学対話の意義――暴力の回避と沈黙  河野哲也(立教大学文学部教授)
 
初等・中等教育や地域社会のなかで哲学対話の実践を指南し続けている著者。それは人々をつなげるばかりではなく、平和構築の基礎であり、暴力回避に非常に有効であることを、自身の経験や内外の実例から紹介します。
◆みことばに駆り立てられ、共同宣教司牧を実践する レナト・フィリピーニ(聖ザベリオ宣教会司祭)
 
聖書的知識をただ勉強するのではなく、聖書をもとに人々と分かち合うことで、み言葉と人々の間に生きた関係が生まれます。するとみ言葉はその人の心だけにとどまらず、他者へと開かれていきます。そこから実際にみ言葉を実践することが、共同宣教司牧の本来のあるべき姿です。
連 載

◆風よ! 炎よ! 私にことばを! 28 イエスが語る2つの現実  久保文彦本誌企画委員
◆京・江戸・博多、そして巴里 24 「メリノールの!」  南野 森(憲法学者
◆預言者と現代――私たちは旧約預言者とどう向き合うべきか 第2回 預言者と王権  北 博(聖書学者
◆美しい日本の所作――典礼の文化内化のために 2 しるしがあらわしていること  フランコ・ソットコルノラ
(聖ザベリオ宣教会司祭)
◆信仰を養う主日の福音 3 B年 主の奉献~四旬節第2主日  雨宮 慧
(東京教区司祭)
◆私とイエスの出会い 第13回 「私はクリスチャンになってやった」  小池政男
(日本カトリック障害者連絡協議会事務局長)
◆ヘブライの言葉、イスラエルの物語 第13回 「ヨハネ」という福音  高橋洋成
(セム語(ヘブライ語)学者)

◆つうしん


○月刊『福音宣教』トップページへ

●2024年 3月号


◆拓く教会・閉じる教会――それでも対話を続けよう (3)ボンディング型・ブリッジング型ソーシャルキャピタル 森本真由美(組織開発コンサルタント・カウンセリング心理士)
フォーラム

◆フレンドシップ・ウィズ・林尚志神父  中井 淳(イエズス会司祭)
 
中井淳師と林尚志師は、自由な友情、強い絆で師弟関係が結びついています。本稿からにじみ出ている修道司祭たちの、柔らかく温かい、そして情熱を宿す心の連帯が、差別や困難に苦しむ韓国の人々と共に寄り添う原動力になっていることを知らされます。
月間テーマ 宗教、教会の現状を前に

◆対談 宗教界の経済困難(1)――経済構造の違い  鵜飼秀徳(ジャーナリスト・作家・正覚寺住職)×伊能哲大(フランシスコ会士)
 
日本の伝統的な宗教の存続が危ぶまれる現在、立ちはだかっているのが経済問題です。特に地方の教会は都市部と比較して厳しい状況に立たされています。仏教も後継者不足で廃寺が増え、多くの僧侶は社会に出て就職しています。私たちもこの現実を直視しましょう。
◆一地方教会、新潟教区の現状――これまで、そして、これから  大瀧浩一(新潟教区司祭・教区事務局長)
 
新潟教区は、人口がそもそも少ないことから、信徒も少なく、少子高齢化の影響を非常に大きく受けています。ある地域では司祭の給与が出ないほど信徒数が減少しています。歴代司教たちのさまざまな方策、教区の努力にもかかわらず解決しない課題の大きさを認識させられます。
◆被災地で見続けた希望  柳谷雄介(日本基督教団新生釜石教会)
 
東日本大震災で被災した教会の牧師に、その経験を振り返っていただきました。――苦しむ時、イエスが確実にその場にいたこと、希望の灯が人々の心にあったこと。また、震災後、支援活動が収束した時、過労と心痛で仕事ができなくなってしまったこと。――交錯する痛みや喜び、その心の底の思いを打ち明けてくださいました。
連 載

◆風よ! 炎よ! 私にことばを! 29 地方教会の可能性  久保文彦本誌企画委員
◆京・江戸・博多、そして巴里 25 カトリックの月刊誌  南野 森(憲法学者
◆預言者と現代――最初の記述預言者アモス――正義を洪水のように 第3回 預言者と王権  北 博(聖書学者
◆美しい日本の所作――典礼の文化内化のために3 しるしによって体験する  フランコ・ソットコルノラ
(聖ザベリオ宣教会司祭)
◆信仰を養う主日の福音 4 B年 四旬節第3主日~復活の聖なる徹夜祭  雨宮 慧
(東京教区司祭)
◆私とイエスの出会い 第14回 神様に捕らえられて  柳沼千賀子
(フードバンク二本松代表)
◆ヘブライの言葉、イスラエルの物語 第14回 「イザヤ」という速報  高橋洋成
(セム語(ヘブライ語)学者)
◆この一冊 『非暴力による平和創造――ウクライナ侵攻と日本国憲法』  木村公一(日本バプテスト連盟いとしま聖書集会牧師)

◆つうしん


○月刊『福音宣教』トップページへ

●2024年 4月号


●2024年 5月号


●2024年 6月号


●2024年 7月号


●2024年 8・9月号


●2023年 10月号


●2024年 11月号


●2024年 12月号




○富士山マガジンサービスからご注文


バナースペース

オリエンス宗教研究所

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-28-5

Tel 03-3322-7601
Fax 03-3325-5322
MAIL